地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは

「都会を離れて地方で生活したい」「地域社会に貢献したい」「人とのつながりを大切にして生きていきたい」「自然と共存したい」「自分の手で作物を育ててみたい」・・・。

今、都市に住む人たちがさまざまな理由で豊かな自然環境や歴史、文化等に恵まれた「地方」に注目しています。

地域おこし協力隊は、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に誘致し、その定住・定着を図ることで、上記のような意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とする取組です。
具体的には、地方自治体が都市住民を受入れ、地域おこし協力隊員として委嘱し、一定期間以上、農林漁業の応援、水源保全・監視活動、住民の生活支援などの各種の地域協力活動に従事していただきながら、当該地域への定住・定着を図っていくものです。

洲本市の地域おこし協力隊 隊員紹介

現在、市から委嘱を受けた隊員は下記の5人で、既に市内で活動を行っています。

  • 転出元/京都府宇治市

    谷口 史朗さん

    FUMIO TANIGUCHI

    抱負

    大学二年生の頃から今日まで洲本市に通い続け、多くの地域資源や人の温かさに魅力を感じてきました。
    このような外からでは見えづらい地域の魅力をさらに発掘し、発信していければと考えています。
    また、地域おこし協力隊の立場を生かして地域・行政・大学等と連携し、単体ではない複数の力で洲本市をPRしていきたいです。

    予定する活動内容

    大学との域学連携事業や関係人口の増加に関すること、地域資源の利活用、市有古民家「ついどはん」の活用についての支援 など

  • 転出元/大阪府高槻市

    安田 清人さん

    KIYOTO YASUDA

    抱負

    幼少の頃から淡路島によく来ており、その自然や食の豊かさに感激し、洲本市に来ました。
    自分が知らなかった歴史がたくさんある洲本。島内、島外の人たちがその歴史にふれあえる機会を作っていきたいと思います。また、淡路島の文化の魅力に興味や関心を持ってもらえるように活動していきます。

    予定する活動内容

    洲本市の歴史文化遺産並びに淡路島日本遺産を活用した、地域活性化事業の企画と運営、洲本市立淡路文化史料館の保存作業及び展示に関する企画立案 など

  • 転出元/大阪府堺市

    藤崎 耕平さん

    KOUHEI FUJISAKI

    抱負

    のんびりとしたところで子育てをしたいと思い、海も山も近い上に都市部へのアクセスも良好な洲本市に魅力を感じて移住してきました。
    私と同じように、子育て世代のファミリーで移住を希望されている方はもちろん、田舎暮らしをしたいと考えておられている方へ、淡路島・洲本市の魅力を感じていただけるような情報発信やイベントを開催していきたいと考えています。

    予定する活動内容

    「移住コンシェルジュ」として移住相談を行うことや移住者インタビューのほか移住、田舎暮らしを促進させるための魅力的な媒体作成、情報発信、イベントの企画、運営支援 など

  • 転出元/埼玉県志木市

    三崎 雄太さん

    YUUTA MISAKI

    抱負

    淡路島の自然と食、人の魅力に惚れ、この洲本市に移住してきました。いずれは平飼い養鶏を主軸とした有畜複合農家となりたいと考えています。
    自分自身が農業を学びながら、魅力ある淡路島の食材を発信し、一緒に淡路島で農業をしたいと思ってくれる就農希望者の支援を行っていきます。
    また、昨今課題となっている野生鳥獣害対策にも力を入れていきます。獲るだけではなく、獲った後もその資源を活かすことで、洲本市の経済がまわるような仕組みをつくれるよう考えていきたいと思います。

    予定する活動内容

    洲本市の多様な農業を学び実践しながら、就農希望者の受け入れ支援、野生鳥獣による農業被害への対策に関する活動 など

  • 出身地/イギリスロンドン

    ハンコックス
     サリーさん

    HANCOX SALLY

    抱負

    I want to share that Sumoto is the ideal place to live because of its affordability, size, location and connection to food and nature.
    I'm interested in Indigo dyeing, painting and weaving and I'm looking forward to making opportunities for residents and tourists to have fun, learn new skills and form new relationships while taking part.
    I also want to work with local businesses and organisations to make the town 'English friendly' and help everyone respectfully understand each other without cultural or linguistic barriers.

    洲本市は、生活のしやすさやロケーション、自然と食とのつながりなど、住みやすい理想的な町だということを伝えたいです。
    私は藍染め・絵画・機織りに興味があるので、地元のひとや観光客に参加してもらい、一緒に楽しみ、新しい技術を学び、交流する機会を作りたいです。
    そして、地元の企業や団体と協力して、「英語に友好的な」町に、文化や言語の壁がなく、お互いにわかりあえるようにしていきたいです。

    予定する活動内容

    SNSを活用して、まちなかの様子や隊員活動を英語等で発信することや、特産土産品の開発、中心市街地の活性化支援 など

地域おこし協力隊の詳しい活動内容はFacebookページで随時発信中です。
ぜひご覧ください。

facebook 淡路島・洲本市地域おこし協力隊
https://www.facebook.com/sumotonews

すもと暮らしをもっと知りたい方はこちら

移住・定住や田舎暮らし、空き家バンクについてご相談をお受けしています。
お気軽にご連絡ください。

洲本市企画情報部魅力創生課

TEL.0799247641

MAIL miryoku@city.sumoto.lg.jp

または

sumotoiju@gmail.com

フォームからのお問い合わせ

受付/平日 9:00から17:00まで